Biography

Home > Biography

神田佳子プロフィール 打楽器/作曲

横浜生れ。横浜育ち。4才よりエレクトーン、11才よりドラムを始める。1995年東京芸術大学打楽器専攻卒業、及び1998年同大学院修 士課程修了。1996年、1998年ドイツ:ダルムシュタット国際現代音楽夏期講習会に参加し、奨学生賞を受賞。これまでに、ソリストとして東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団等と共演、東京オペラシティ主催リサイタルシリーズ「B→C」、NHK「FM リサイタル」、TV朝日「題名のない音楽会」などに出演。2002年ビクターエンタテインメントより、ヴァイオリンと打楽器によるユニット「C⇔Yプロ ジェクト」のアルバム「ソルト&ペッパー」をリリース。現在、Ensemble Contemporary α、東京現音計画(サントリー芸術財団第13回佐治敬三賞を受賞)等のメンバー。また、Bon-Kan Media Works のレーベルプロデューサーとして、自身が所属する TANAKANDA や Percussion Trio [The Birds] のアルバムをリリース。他に古楽集団トロヴァトーリ・レヴァンティ、といぼっくす、高橋悠治プロデュ-スの伝統楽器グループ「糸」、一柳慧率いる「アンサ ンブル・オリジン」等のメンバーとして、カーネギーホールをはじめ、国際的な場での演奏活動も多数行ってきた。様々な分野での即興演奏も行い、現代音楽を 軸に、正倉院復元楽器の演奏やジャズミュージシャンとの共演等、時代やジャンルを超えた打楽器演奏の可能性にアプローチしている。

 

演奏活動と並行して作曲活動も継続的に行っており、これまでに発表された打楽器ソロ、アンサンブル作品は20曲を超える。また、打楽器以外の楽器とのアン サンブル作品や、打楽器を用いない作品も10数曲を数え、その多くは各方面からの委嘱によって作曲されている。これらの作品は、日本国内各地をはじめ、 ニューヨーク、ミラノ他世界各地においても、国内外の演奏団体によって上演されている他、14曲に及ぶ作編曲作品が、既発売CDに収録されている。
2014年には自作の打楽器アンサンブル作品集CD「かえるのうた」をリリースし、その中のEmotion等4作品の楽譜も出版された。

その他、久石譲、小椋佳等らのコンサートツアーの参加や、NHK大河ドラマ『北条時宗』の音楽をはじめ、数多くのCM、TV音楽などのレコーディングなどのスタジオワークも行う。

2002年ビクターエンタテイメントより、ヴァイオリンとパーカッションのCD『C⇔Yプロジェクト「ソルト&ペッパー」』をリリース。

2005年Bon-Kan Media works の レーベルプロデューサーとして、TANAKANDA 、Percussion Trio [The Birds ]のCDをリリース。

2014年神田佳子打楽器アンサンブル作品集CD「かえるのうた」をリリース。